保険情報 take5

保険を中心に私なりに思うこと。その他お得な情報もご紹介します。 

ホーム 全記事一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
相手への賠償の保険

いわゆる「対人(賠償)」「対物(賠償)」などといわれる補償です。
他の人を死傷させたり、他のものをこわしてしまった場合などに、あなたにかわって保険で賠償するものです。

スポンサーサイト
2007/11/12 14:30|生命保険のことTB:0CM:1
自動車保険の仕組み。

保険の自由化が進んでから、各損害保険会社は、それぞれ独自に商品を開発することができるようになりました。

それまでは、ほとんど各社一律に同じような内容の自動車保険を売っていました。

そのかわり、大蔵省(当時)に保護されてきたわけです。

自動車保険が自由化されてからいろいろ新しい補償がでてきました。

そのためか、自動車保険は、一見、複雑な感じがするかもしれません。

でも、自動車保険の柱ともいうべき重要な補償は、3つです。

1.相手への賠償の保険

2.運転者や同乗者が死傷した場合の保険

3.自分の車の修理代などの保険

これだけ。

もちろん、それぞれ(1~3)にさらに細かいいろいろな補償がプラスされています。

2007/11/12 14:29|生命保険のことTB:0CM:0
自動車事故でケガをしたとき、まず行く治療機関を選ぶときに気をつけるべきこと。

まずは、レントゲンをとって診てもらえる病院整形外科医院へ通いましょう。

つい、顔見知りだから、知り合いだから、行きつけだからといって事故後、最初に整骨院には行かないほうが無難。


軽い打撲で、すぐ治るだろうと思って整骨院に通っていたけれど、なかなか痛みが取れない。違う医院(病院など)に行って、レントゲンをとって診てもらったら骨折してますよと言われた。

また、人身事故の届出をしたいため、診断書を書いてもらおうとしたら、うちでは書けないと言われ、結局、整形外科医院に行った。

自動車保険の使えない整骨院だったなど。

ちょいちょいあるケースです。


また、治療が長引いたり、特に後遺障害が出てしまう可能性のあるケガなどの場合、整骨院だけに通っていると、後々、保険を十分には払ってもらえないことがありえます。

また、通院状況によっては、保険会社から医院を変更するよう要請されることもありえます。

これは、整骨院は、整形外科医院や病院などと比べ、治療できる範囲が限定されているためなどの理由です。

また、相手が主に賠償しなければならないケースなどでは、いきなり整骨院に通院すると、自分が契約している保険会社も相手保険会社と交渉する際、いちいちなぜ本人が整骨院に通うのかを説明しなければならない場合もあるようです。

例えば、なじみの先生だから、とか、信頼している先生だからとか。


かといって、整骨院へ通うと、保険金が出ないわけでも、保険会社の担当者が保険金手続きを進めないわけでもありません。

整骨院に通っても、保険金は出ます。

いつも混んでて、時間がかかる病院や整形外科医院を避けて、手軽に整骨医院へ通いたい、また、なじみのところで治療したい事情も分かります。


でも、保険金支払い手続き上、比較的問題のない病院や整形外科医院で治療を受けたほうが精神的ストレスもあまりなく、安心できると思います。

整骨院へ通いたいときは、まず、自分の契約している保険会社や代理店に相談するのがいいでしょうね。
2007/11/06 12:54|自動車保険のことTB:0CM:2
Copyright(C) 2006 保険情報 take5 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。